消滅

未分類

昔の人は人生50年と言いました。

その歳になって、それは本当だと実感しています。

50年はとても長かったです。長過ぎるくらいです。父方も母方も長生きの家系ではなくてよかったと思っています。

世の中には生きたくても生きられず若くして亡くなる人もいる訳で、私のようにもう充分生きたと思う人間の残り寿命をあげることが出来たらどんなにいいかと思います。

最近は、若い人の活躍する姿を見ることだけが楽しみです。同業者の若手にしても、以前はほとんど目に入らなかったのですからです。が今は素直に活躍を応援する気持ちでいっぱいです。

いつ終わるにしても、今はもう消化試合。

楽な人生とは言えなかったですが、それほど悔いも心残りもない感じです。

個人的には、社会に与えるマイナスがプラスを上回ったと自分で判断した時に安楽死を認めて欲しいと思っています。自分が生きていることが誰かの負担や重荷になるのは避けたいからです。

私が死んだら、周囲の人にはすみやかに私のことを忘れて欲しいと思っています。葬儀も墓もいらないです。ひっそりと静かに消えたいと願っています。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました