息抜き

未分類

最近シリアスな記事が多い感じがしますので、息抜きを。

鬱がひどいときには、アロマテラピーのお世話になっていました。

最もおすすめなのは、やはりラベンダー。

他には、ネロリ、スイートオレンジ、マンダリンなどの甘さがある柑橘系。

カモミールも心が落ち着きます。

あるいは、サイプレスやヒノキなどの木の香り。

バニラに似て深みのあるベンゾイン(安息香)をベースに、適当にこれらを混ぜて使っていました。

面倒なので、芳香浴にはディフューザーは使わずランプ式のものを使用していました。

その日の気分や体調によって、欲しい香りが違ってくるのが興味深かったです。

一時期勉強してアロマテラピー検定試験を受けようかと考えていたのですが、鬱がよくなるにつれ、次第にあまり芳香浴をしなくなってしまいました。

香りは、気持ちだけでなく体調もある程度左右すると実感しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました