差別する心

社会

差別については、一応学校で学びました。私は女性ですので、社会の女性差別というものもひと通り経験しました。

結婚するときも、女性である自分が働いていて相手は働いていませんでしたので、相手の両親にそれがあまりよくは受け取られませんでした。

そして鬱病になったときには、社会の精神疾患に対する偏見も目の当たりにしてきました。

夫の発達障害がわかったときも、その前と後で自分の夫に対する見方が変わったとも思いませんでした。

差別する側の無意識が、いかに差別される側に打撃を与えるかを、よく知っていたはずだったのです。

ですが、発達障害である自分がなかなか受け入れられなかったことを思うと、自分の中に差別意識がなかったとは言い切れないと思いました。

また、自己嫌悪によく陥っているというのも、自分で自分を差別しているのではないかと思い当たります。

常に、自分が無意識のうちに差別していないかをチェックしてなければならないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました