global

未分類

昭和時代には「国際」、平成時代には「グローバル」。

言葉は違っていても、インターナショナリズムがもてはやされてきました。

その結果何が起こったか。

人・モノ・金が世界を巡る「スピード」は増しましたが、それは本当にいいことであったのでしょうか。

おそらく、人間というものは、自分が何者であってどこに帰属するかということを好むと好まざるとに関わらず認識することによってしか、幸福感は得られないのではないかという気がします。

この続きは明日。

コメント

タイトルとURLをコピーしました