動悸

未分類

鬱が酷くなった頃に、動悸がするようになったのでそれを医師に言うと、パニック障害だと言われ、ソラナックスとメイラックスを追加で処方されました。

特にソラナックスは私にはとても効き目が良く、効き目が良いだけにもしかしたら規制が強化された今でも多くの人が服用されているのではないかと思います。

ベンゾジアゼピンの常用量依存になってしまったのは、直接的にはこれが原因だと思います。

ただ、それより前からセパゾンとレンドルミンを処方されていたため、動悸はそれらのベンゾジアゼピンの離脱症状だった可能性はあります。

パニック障害そのものは不安障害の一種ですが、気の持ちようで何とかなるものではなくそれが原因で通勤や通学などが出来なくなってしまったりする病気です。何というのか、パニック障害の不安は人が日常的に感じる不安とは質が違っていて、身体的苦痛に近い感じです。

ソラナックスのお陰でパニック障害は重症化せず、時間はかかりましたが徐々になくなりました。

もともと頑固な不眠もあり、今はベンゾジアゼピンの離脱症状に悩んでいることを考えると、私は神経が興奮しやすい体質なのだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました