どこまで

未分類

鬱になったとき、一体何が原因なのかと一生懸命考えたことがあります。

その原因を取り除けば、鬱は治るのではないかと思ったからです。

もちろん、持って生まれた体質もあるでしょう。

ですが、何年考え続けても具体的に何が原因だったのかわからないままでした。どこまで記憶を遡っても、これといった出来事はなく、結局30年くらいかけて徐々にそうなっていたとしかいえないのです。

鬱は、原因を突き止めて除去すればいいというような単純な病気ではないようです。

もしも鬱になってしまって、私がしたように原因をあれでもないこれでもないと考えていらっしゃる人がいたら、それはあまり意味がないのでひとまず休養と服薬を第一に考えて欲しいと思っています。

自分の過去を思い出すことは、鬱がひどいときにはさらに鬱の症状を重くしてしまうような気がするからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました