買い物

生活

高瀬川です。

ベンゾジアゼピンを飲まなくなって1年以上が経ちました。離脱症状は、わずかずつ軽くなっています。

今は、空腹だと離脱症状がひどくなるために食欲がなくても食べてしまって急に体重が増えてしまったために、着られる服があまりなくなってしまいましたので、少しずつ服を購入しています。あまり買い物が好きではないのですが、やむを得ません。

太ったことを気にして体のラインを隠す服を選ぶと、かえって太って見えるということがわかりました。かといって、ぴったりした服はもちろん着られません。

若い頃は、似合わなくても気合いで着られた好きなデザインや色も、年齢的に難しい場合があるということも知りました。

プチプラやファストファッションも、試着しないと安っぽく見えて危険なことがあります。

顔がくすんでくるので、ハリのある素材やさわやかな色合いのものも難しくなってきました。

ですが、若い頃は服に着られてあまり似合わなかったものが似合うようにもなっていて、プラスマイナスゼロかも知れません。

それよりもまず、体重が戻ったら着られるかも知れないと思っていて、未練がましく取ってあった服の処分をした方がいいかも知れません(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました