同一視

未分類

人には、自分の中にあるマイナスの感情や欲望を、相手の中にあると考える傾向があるそうです(投影性同一視)。例えば、相手に嫌われていると思っている人は、本当は自分の方が相手を嫌っていたりするようです。

伯父夫婦と両親の間にあったのもそれではないかと思います。伯父夫婦が金銭に執着していると私に愚痴をこぼしていた父は、自分も執着しているとは気付かなかったようですが、同じことを父や母に対して伯父たちも思っていたでしょう。

金銭だけではなく、伯父と父はどちらが後に生き残るかを賭けて競っていたようなところがあります。

私にはきょうだいがいないので、きょうだい同士がお互いどのように付き合うものなのか、想像がつかないところがあります。彼らは憎み合っているかと思えば、愛し合っているようにも見えました。いずれにしても、私にとって永遠の謎です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました