未分類

昨日の続きです。

私の周囲にいた親族は、歳を取るにつれて人間の器が小さくなっていたような気がします。歳を取るにつれて抑制が外れて、本来の自分の性格が出るものなのかも知れません。

残念ながら、歳を取ると様々な点でキャパシティが小さくなるようです。歳を取って短気になったり気難しくなったりするのは、それが理由なのでしょう。

また、残された時間が少なくなると、何というか開き直ってしまうようなところがあるのではないかと思います。自分はこんな人間だけれど、仕方がないというような。

かといって、歳に負けまいと必死になり過ぎるのもあまりいいことではないような気がします。

いずれにしても、歳を取るということは毎日の積み重ねです。歳の取り方で、毎日どう生きてきたかということが容赦なくわかってしまう。

それがとても恐ろしく難しいことに感じられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました