我慢

未分類

どうやら私は、身体的不調を我慢することに慣れてしまって、かえって病気を悪化させることがあるようです。

アレルギー性鼻炎にしても、手術が必要だったのに投薬だけで様子を見ようとする医師に何年もかかっていて悪化させたり、子供のころは盲腸を我慢して腹膜炎になったり。

鬱病についてももっと医師に体調が悪いと訴えていたら、もしかしたらもっと治りが早かったのかも知れません。

医師の「様子をみましょう」という言葉を素直に受け止めてしまうからということもありますが、日常的に例えば日光や電灯の眩しさなどを我慢する癖がついていることや、発達障害ゆえの体調の把握の困難さがあるのでしょう。

一般的に医師や看護師のかたは皆さん忙しそうなので、あれこれ注文をつけるのは申し訳ないという気持ちもありました。

医師の専門的判断を尊重した結果が例えば鼻炎の悪化だったのですが、尊重し過ぎると、自分に合った治療が受けられなくなるのかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました