年齢

未分類

高校の時の友人に15年振りに会うことになった、という記事の続きです。

同窓会の話や、今誰がどうしているかというような話を聞かせてもらえて嬉しかった反面、自分が社会から取り残されてしまったような気がしてしまいました。

私が鬱病で何年も無駄にしている間、他の同級生達は子育てや仕事に充実した日々を過ごしているようだったからです。

今は子供の大学受験の話で盛り上がるようで、子供がいない私はいつもは意識しない分、改めて自分の年齢を再認識させられました。

彼女からは、私と久し振りに会えて高校の頃に戻ったようで楽しかったというメールが来ました。私にはまだ学生気分が抜けないところがあるので、余計にそう思ったのかも知れません。

メールの最後に、このままのペースだと次に会うのは還暦の後だということが書かれていて、さらに自分の年齢を感じさせられました。

時間を作って、もっと頻繁に会った方がいいのかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました