カサンドラ*その2

未分類

以前にも、カサンドラ症候群について書きました。

ASD(アスペルガー症候群)を抱えていると、得てして他人の感情に配慮することが難しい、ということは言えると思います。

それは、無関心であるというのとは少し違うように思います。

私の場合には、会話していると言葉や論理に引きずられ、その気がなくても相手の感情に注意を払う余地がなくなる、という感じです。

特に、私は相手の感情を読み取ることが苦手なので、おろそかになってしまうようです。

また、関心の薄いことに注意を払うのが難しいので、人によってはそれが理由で相手の感情に気が向かない、ということもあるかも知れません。

どんな理由であれ、少なくとも言ってくれさえすれば、相手が不快に思うことは私はしないように心がけています。

モラルハラスメントなどについては、ASD(アスペルガー症候群)というよりは、性格の問題ではないかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました