global その3

未分類

インターナショナルにしてもグローバルにしても、肯定的な意味合いで使われることが多いですが、いいことばかりではないのではないか、というようなことを考えるようになりました。

人間の持つ根源的な問いには二つあって、世界というものは何であるかという問いと、自分というものは何であるか、という問いがあります。

前者は理系的知性、後者は文系的知性にかかわるといえますが、グローバリズムは前者に答えることはできても後者には答えられないのではないかという気がしています。

私は心ならずも文系に進まざるを得なかったのですが、人間の文系的な思考力は、今ほど必要とされ、かつ今ほど貧しい時代はなかったのではないかと感じます。

それは金銭は産まないかも知れませんが、人が幸福感を感じるためには不可欠ではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました