今私が飲んでいる薬は、レメロン(リフレックス)45ml・イフェクサー150ml・エビリファイ3ml。いわゆるカリフォルニアロケット処方です。レメロンは夜睡眠薬も兼ねて飲み、イフェクサーとエビリファイは朝飲んでいます。

私にはよく効いているようで、この処方に変わってからは鬱の症状に悩まされることはあまりなくなりました。減っていた体重があっという間に元に戻ったのには驚きました。

発病当初は、パキシル10mlをメインに、ドグマチール100ml・セパゾン2ml・レンドルミン25ml・ビオスリー。一時黄連解毒湯という漢方薬も飲んでいました。

レンドルミンでは眠れないのでマイスリー5ml2錠までを頓服扱いで、パニック障害も併発してメイラックス1ml追加、頓服としてソラナックス0.4mlを3錠まで。

やはり眠れないのでパキシルをレメロン45mlに変更。

ここまで約15年間、同じ医師にかかっていました。

転居して別の医師にかかってから、眠れないと訴えたところどんどん薬が増え、最終的にはレンドルミンとマイスリーに代えて、パキシル5ml・ベルソムラ15mlが加わり、そしてハルシオン0.25ml・ロヒプノール2mlを頓服で(と言いつつほぼ毎日)飲んでいました。短期間ですがベンザリン5mlも飲んでいました。

今かかっている医師に変わってから、抗鬱剤を増やすと同時にベンゾジアゼピン系の薬を減らして、最初に書いた処方になるまでに約8ヶ月かかりましたが、その間クエチアピン25mlを飲んでいました。

ベンゾジアゼピン系の頓服は、一時期はソラナックスを1日1〜2錠、マイスリーは頓服と言いながらほぼ毎日、それぞれ飲んでいました。

今後は、おそらく抗鬱剤を徐々に減らすことになると思います。

ベンゾジアゼピンの離脱症状については、また改めて書くつもりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました