生まれ変わった日

未分類

生まれ変わった日という言い方は、とても陳腐です。ですが、そうとしか言いようがない。

ベンゾジアゼピンから離脱して、離脱症状が一段落した日に目にしたベランダの緑。

緑が燃える、というのも使い古された言い回しですが、まるで生まれて初めて世界を見た人の眼に映るような、燃えるような鮮やかな緑。

ベンゾジアゼピンを服用している間、視覚がぼんやりしていたという自覚はまったくありませんでした。徐々にそうなっていたのでしょう。

だから、いきなり現れた生き生きとした視界に驚嘆したのです。

きっと一生忘れないと思います。

新緑の真如堂です。

実際には、離脱症状で瞳孔が開いていたのですけれどね…

コメント

タイトルとURLをコピーしました