文章

未分類

ASD(アスペルガー症候群)の人は、論理的思考力があるので理数系に向いていることが多いとされています。

私は自分がそれほど論理的だとは思わないし、理屈っぽいといわれたこともないのですが、あいまいなこと、理屈で説明がつかないことに対しては苦手意識があります。

本を読むことや文章を書くことは大好きだったのですが、特にものを書く職業に憧れたことがなかったのは、フィクションと感情表現にどこかしら自分が近づけないところがあると分かっていたからだと思います。翻訳家にはなりたいと真剣に考えたことがあります。

今こうしてブログの記事を書いていても、なるべく感情表現を含まない客観的な文章にしようとしてしまうのです。無味乾燥といってもいいかも知れませんし、読んでくださる方はつまらないと思うことが多いと自覚しています。

ブログにしても、プロのブロガーになるつもりなどまったくありません。自分の文章にお金を払う人がいるとは思えないからです。

個性的な、人の心を動かす文章が書ける人は、私と違い自分の感情や相手の感情をきちんと言語化できる人だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました