戦い

未分類

中学生の頃、親しい友人が松任谷由実さんの音楽にはまっていて、よく一緒にアルバムを聴いていました。

ですがその後、百万枚単位でCDが売れるアーティストになってからは逆に遠ざかってしまっていました。良くも悪くも、バブルの象徴のような扱われ方をされていたような記憶があります。

5年ほど前に鬱病が良くなってきて、音楽を聴く余裕が出来たときに新しいアルバムを聴いてみると、自分が記憶していた当時よりとても声が低くなっていることに驚きました。もちろん誰でも歳と共に声は低くなるものなのですが、最新のライブ映像などを見ると、1オクターブくらい低くなっているような印象です。

ですが最近の松任谷さんの映像を見ると、日々ものすごく努力して体型やステージなどを維持されているのがわかります。トップランナーだった時代が長く、充分過ぎるほど過去の遺産があっておそらく今は何もしなくてもいい人なのに、何故そこまでするのだろうと私などは思ってしまいます。

私が一番好きなアルバムは、当時も今もPEARL PIERCEです。紅雀も地味ですがいいアルバムだと思います。

声は低くなってしまったけれど迫力が出たというのか、彼女の中では年月との戦いと自分との戦いがあって、決して負けていない感じです。

松任谷由実 – 青いエアメイル

この動画は公式のものではないようなので、後日リンクは削除します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました