変遷

未分類

色の好みは、その人の心の状態を表すのではないかと思っています。

私自身は子供の頃は、普通にピンクが好きな女の子でした。ですが成長とともにピンクは好きではなくなり、特に好きな色がない時期がありました。

鬱病になった頃には青やネイビー、グレーが好きな色でした。服でも、青っぽいものや黒っぽいものしか着なかったような気がします。青以外の原色を目にするだけで、何故かめまいがしそうになったりもしていました。

鬱が良くなってきた今は紫が好きですが、紫には青系のものと赤系のものがあって、赤系は少し苦手です。あまり紫の服は売っていないのと、全身紫というのは落ち着かない感じや下品な感じがするので、紫の服の数は多くはありません。そのかわり、メイクではよくこの色を使います。

というような感じで好きな色が変わってきましたが、歳を取ると目の水晶体が黄色く濁ってくるので、黄色の補色である紫が他の色と比べて鮮やかに見えるため、紫を好むようになるということを何かで読みました。

私の水晶体は相当黄色くなっているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました